役員を乗せるのにふさわしい車とは?役員運転手派遣で車種は選べる?

公開日:2023/01/15


事業用に車を購入する際にはどのような基準で車を選べばよいのか、迷う方もいるのではないでしょうか。とくに役員を乗せる車は取引先や社外からも注目されています。会社のイメージや役員にふさわしい車を選ばなければいけないのです。今回は役員を乗せるのにふさわしい車について車種やポイントについて解説します。

役員を乗せる車種は選べる

事業用の車は、法人や個人主が管理する車をいい、会社が業務や移動に使用する際の車全般を指します。取引先や用途により車種が異なりますが、主に車種の規定はありません。どこが管理するかで個人用、事業用で分けられるのです。では一般的にどのような車種があるのか解説します。

乗り心地のよい高級車

役員車は各自動車メーカーの中でも最上位クラスの車種を選ぶのがよいでしょう。車内が広く後部座席もゆったりとした安全性の高い車が人気で、乗り心地のよいタイプなら車内での重要な打ち合わせや長時間の移動も疲れを心配する必要がありません。毎日忙しい役員には車内でも安心して仕事ができる空間も必要なのです。

共用か専属か

購入を検討している役員車が複数で使用するのか、専属で使用するのかでも車種やグレードが変わります。特定の役員が専属で使用するのであれば、役員の好みや予算などで決められますが、複数の役員で使用するのであれば、役員のバランスで選定する必要があるのです。また、社長車や専務車よりも高いグレードにならないように注意する必要があります。

役員運転手派遣

役員車の導入が初めての企業ならば、役員運転手の雇用から始めなければなりません。また、よい車を購入しても役員運転手が運転スキルやビジネスマナーを知らなければ教育からスタートです。それならば、派遣の役員運転手はいかがでしょうか。今は企業側が役員車を準備するだけで役員運転手を派遣してくれる会社や請負会社が存在します。しっかりと教育されたプロの役員運転手が確保できるのです。経費節減のためにも検討してみるのもいいでしょう。

役員を乗せる車を選ぶポイント

事業者、とくに役員車はお客さんや取引先だけではなく世間からも注目されます。そのため役員と釣り合った車でなければなりません。ではどこを重視すればよいのでしょうか。選ぶポイントを解説します。

国産車または外車

国産車は日本の道路や気候に合わせた造りになっているうえに、見慣れた車種も多く親しみやすい印象があります。また、故障などの場合でも部品が簡単に手に入りやすいため、修理期間も短く修理代も比較的安く抑えられるのです。

一方、外車は全体的にサイズも大きな車種が多く、車体の重さで重量税がやや高めになる場合があります。また、国産とは違い怖いイメージにより一般的にもあまりよい印象のない人が多いのです。しかし、直線には強い特性を持つため高速道路のような長距離を走るのには向いています。

また、故障となれば部品がそろわないので海外からの取り寄せになり、修理日数や維持費が高くなる場合もあります。会社のイメージや環境への配慮等を考えるのなら、親しみやすい国産車がよいと考えられます。

見た目は重要なポイント

役員車は、他社へ訪問した際に会社の印象や経営状態を表す大きなポイントになります。そのため、車種にはさまざまな種類があるのですが、最上位クラスの最高級車種から選ぶのがよいでしょう。取引先にも不信感を抱かせず、会社の顔となる高級感ある車種を選ぶのが大切です。

燃費のよさ

役員車を選ぶ際には燃費のよさにも注目しておきましょう。以前は輸入車の燃費が悪いイメージもありました。現在は国産車とも変わらないほどで、以前よりもよくなっている場合があります。とくに低燃費に力を入れるドイツ車は低燃費モデルも多くエコカー減税に認定されるほどなのです。経費節減のためにも低燃費の役員車導入を検討するのもおすすめします。

役員に人気の車種

役員車には見た目や乗り心地なども重要なポイントですが、役員はどのような車種を希望するのでしょうか。人気のある車種を解説します。

メルセデス・ベンツ

車種に詳しくない人でも知っているほどの有名高級車、ドイツのメルセデス・ベンツです。外観の美しさや安定した乗り心地、エンジンにも定評があり、車への安全性についても取り組んでいます。Cクラス以上になれば車線の逸脱警告や自動操作で駐車できるなどの機能も搭載されています。そして、何よりメルセデス・ベンツを役員運転手の業務に利用する場合には企業の資産として取得できるのです。売却する際には購入時から価値が下がりにくく、企業の資産と考えている事業所も多いのです。

センチュリー

トヨタ自動車の人気車種でもあるセンチュリーです。企業の役員車として活躍している車です。特徴は、後部座席が広くシートの質感や装備品なども運転席より充実した仕様になっています。後部座席に座る人が快適に過ごせるよう左後部座席を主役とし、重要人物を乗せるために造られた専用車ともいえます。ドア開口は高くなり、乗り降りする姿も美しく見せ、乗りやすさにも配慮しているのです。

まとめ

今回は役職を乗せるのにふさわしい車について解説しました。役員車は会社の顔でもあり、役員にふさわしい車種を選ぶのが重要です。最高級車といってもさまざまですが、一般的に親しみやすく感じる車種を選ぶのがよいでしょう。燃費や経費等でも検討する点は多くありますが、どちらにしても長く愛用できる車を選ぶのもポイントの1つです。この記事を参考にしていただき理想の役員車を手に入れていただけたら幸いです。

【東京】おすすめ役員運転手派遣会社ランキング

イメージ1
3
2
4
5
会社名トランスアクトメニフィーセントラルサービスショーファーサービストータルドライバーサービス
特徴役員運転手派遣会社の満足度No.1に選出。資質の高い人材を紹介可能東京を中心に20年以上の高い実績で運行し、快適なサービスを多数提供15年以上のキャリアを持つ役員運転手が多数在籍で上質なサービスを提供培ってきた運転ノウハウを武器に、選び抜かれたドライバーを派遣24時間年中無休の対応で、多くの催事や公用利用において実績多数
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索