役員運転手の雇用でよくある失敗とは?失敗を回避する方法を紹介!

公開日:2022/11/15

役員運転手の雇用でよくある失敗

多くの企業が役員運転手の雇用で失敗しています。そもそもの運転が下手であったり、なかには人付き合いがあまり得意でなかったりする人を雇ってしまう事例も少なくありません。ほかにもスケジュール管理者がいなかったり、運転手の雇用経験がなかったり、といったことも多いです。今回は、運転手雇用の失敗を回避する方法を徹底解説します。

役員運転手の雇用でよくある失敗

役員運転手は、会社の会長や社長といった役員の足回りを確保するために働きます。役員専用車と役員運転手をセットで手配するケースが多いです。そんな役員運転手が失敗する企業には、以下のような特徴が見受けられます。

初めての雇用である

役員運転手をこれまで導入したことがない企業は失敗しやすいです。そもそも役員運転手は、一般的な運転手とは異なります。適正のある人材自体が少ないので、なかなか希望しているような相手に巡り会えないことも少なくありません。とくに初めての雇用であると、ハローワークや一般的な求人サイト等に求人を出すでしょう。

しかし、そういった方法ではなかなかよい人材にありません。能力のある運転手は、すでに派遣会社等に雇われているケースが多いからです。つまり雇用方法でミスしてしまい、失敗する事例が後をたたないのです。

スケジュールの管理ができていない

運転手そのものには問題がなくても、会社の体制としての問題で運転手の雇用が失敗する事例もあります。役員のスケジュールを前もって把握していなければ、役員運転手は機能しません。

そのために必要なのが、役員秘書です。必ずしも専任の必要性はありませんが、スケジュールの管理ができる人材が居て初めて役員運転手は効率的に業務できます。

つまり役員秘書と役員運転手はセットで考える必要性があるのです。役員運転手を雇う予定であればまずは役員秘書の体制を整え、そのうえで運転手を迎え入れましょう。

雇って失敗したと感じる役員運転手の特徴

役員運転手を雇ってみたもののイメージと異なるサービスしか提供できなかったり、業務の効率性が損なわれたりすることも珍しくありません。こちらでは雇って失敗したと感じさせる役員運転手の特徴を紹介します。

時間を守れない

役員の時間は大切であり、他社との交渉等もあります。かりに到着時間が遅れてしまえば、先方に迷惑をかけます。信頼関係が崩れる恐れもあるため、時間厳守は役員運転手にとって必須です。

であるにもかかわらず、時間にルーズな運転手も少なくありません。担当役員を待たせるようなことがあっては、役員からの信頼をも失うことになるのです。

守秘義務を守れない

役員運転手は、その企業の方向性を決める役員と親しくなるケースも珍しくありません。直接話すこともあるでしょうし、車内で役員が電話している時に情報が漏れてくることもあります。

それらは社内の機密情報であることも多く、どんな内容であれ社内や取引先、さらには家族や友人にも漏らしてはなりません。つまり役員運転手には口の堅さが求められるのです。

運転が下手

役員の命に関わる仕事をしているのが役員運転手です。なのに、運転が雑で下手というケースが少なくありません。急ブレーキをかけたり、カーブや右折・左折で減速しなかったり、なんてことも多いのです。役員は車内で軽く仕事したり、仮眠を取ったりしています。それらの邪魔をするような運転はもってのほかです。

ホスピタリティなし

ポスピタリティは「おもてなし」や「思いやり」を指した言葉です。簡単にいってしまえば「サービス」のことであり、役員運転手にとっては極めて重要なものです。

たとえば役員が暑そうにしていればエアコンを入れたり、到着後に後部座席のドアを開けたり、といったことが率先してできるかが重要です。しかし、なかには心遣いができない運転手もおり、役員とトラブルになるケースも少なくありません。

役員運転手の雇用で失敗を回避する方法

役員運転手の雇用で失敗するケースが多いのも事実です。しかし対策を立てれば問題はありません。

教育体制を構築する

いきなり現場ですぐに働き始めてもらえるのではなく、ちょっとした準備期間を設けましょう。そこでしっかりと研修をして、必要なスキルを身につけてもらうのです。

役員への接し方や気遣いの方法など専門的になるので、難しいと感じる企業もあるでしょう。そんな場合は、外部から講師を招くのもおすすめです。

派遣役員運転手を利用する

役員運転手を派遣してくれる派遣会社もあります。派遣会社を利用すれば、役員運転手としてのスキルを持っている人が派遣されてくるので安心です。

また、役員との相性が悪いと判断される場合は、代わりのドライバーを紹介してもらえます。コスト的にも自社で雇うよりもお得なことが多いのでおすすめです。

まとめ

役員運転手の雇用でよくある失敗を紹介しました。時間が守れない運転手も多く、守秘義務を理解していないケースも有り、実際に多くの企業が悩んでいます。そこで役員運転手の雇用で失敗を回避する方法も伝えしました。おすすめなのが派遣役員運転手の活用です。派遣であれば、役員運転手としてスキルを持っている人材が業務してくれるので安心です。かえってコストが安く済むこともあるため、派遣役員運転手を検討してみてはいかがでしょうか。

【東京】おすすめ役員運転手派遣会社ランキング

イメージ1
3
2
4
5
会社名トランスアクトメニフィーセントラルサービスショーファーサービストータルドライバーサービス
特徴役員運転手派遣会社の満足度No.1に選出。資質の高い人材を紹介可能東京を中心に20年以上の高い実績で運行し、快適なサービスを多数提供15年以上のキャリアを持つ役員運転手が多数在籍で上質なサービスを提供培ってきた運転ノウハウを武器に、選び抜かれたドライバーを派遣24時間年中無休の対応で、多くの催事や公用利用において実績多数
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索